乳幼児を強く揺さぶったことが原因で,脳内出血が起こってしまうことがあります.
これを「揺さぶられっ子症候群」と呼びます.

「揺さぶられっ子症候群」は,1974年に米国で最初に報告されました.米国の統計によると,揺さぶられたことが原因で脳内出血した乳幼児の死亡率は25~50%,後遺症が残る確率は30~50%です.

愛知県で,突然けいれんを起こした生後3カ月の男児をCTスキャンで調べたところ,脳内出血が見つかりました.外傷がないため,医師は「揺さぶられっ子症候群」を疑いました.この男児の双児の弟も検査したところ,同様に脳内出血が見つかりました.両親に尋ねると,1人をあやしているともう1人も泣き出してしまうので,父親が日常的に強く揺さぶってあやしていたそうです.

長野県で,救急車で運ばれた3カ月の女児が搬送直後に死亡しました.信州大学医学部が解剖したところ,硬膜下血腫が見つかりました.父親がこの女児を強く揺さぶってあやしていたそうです.

乳幼児の脳は頭蓋骨よりも小さいために,脳と頭蓋骨の間にかなりの隙間があります.このために,頭を強く揺さぶると脳が大きく動いてしまい,脳と頭蓋骨を結ぶ静脈が切れてしまうことがあります.けいれん以外に目立った症状がないため,CTスキャンを撮影しなければ脳内出血とは分からないことがあります.

核家族が増えたために乳幼児の正しいあやし方を教わる機会が少ないこと,小児科専門医以外の医師は「揺さぶられっ子症候群」の知識がなく正しい診断ができないこと,けいれんの起きた子どもが必ずしも小児科専門医の目に触れないことなどが,「揺さぶられっこ症候群」の予防や啓蒙普及が進まない原因と言われています.

強く揺さぶっていけない年齢の一応の目安は,1歳半くらいまでです.かなり強く,繰り返し揺さぶらない限りは心配はありません.しかし,子どもが泣き止まないからといって,イライラして揺さぶり続けるのは絶対に止めましょう.強く揺さぶったあとに,万が一けいれんが出たら,すぐに小児科専門医の診察を受けましょう.