味覚の秋は,果物もおいしい季節です.果物アレルギーは食物アレルギーの1つで,小児でも比較的よくみられる疾患です.果物アレルギーの原因植物は,ほとんどがバラ科に属します.

果物アレルギーには,軽症タイプと重症タイプがあります.症状の強さの違いは,果物に含まれるアレルゲンの性質の違いによります.軽症タイプでは口腔症状が主体ですが,重症タイプでは全身に蕁麻疹やアナフィラキシーが起こります.

果物アレルギーはアレルゲンの侵入経路により,経気道感作と経腸管(または経皮)に2大別されます.前者は,花粉アレルゲンが鼻,のど,気管支などの粘膜に付着することにより感作が成立し,そのアレルゲンと交差抗原性を有するアレルゲンを含む果物を食べることにより発症します.後者は,果物を食べるあるいは皮膚に付着することにより感作が成立するもので,果物そのものに含まれるアレルゲンにより発症します.

前者の代表的なアレルゲンが,Bet v 1ホモログとプロフィリンです.Bet v 1ホモログは,果肉にも果皮にも存在します.バラ科の果物(リンゴ,モモ,アンズ,サクランボなど)のほかに,キウイフルーツにも含まれます.プロフィリンは,花粉,果実,葉,根に存在します.バラ科果物のほかに,キウイフルーツ,オレンジ,ライチ,メロン,バナナなどにも含まれます.Bet v 1ホモログおよびプロフィリンは熱処理に弱いため,生のまま食べた時には症状が出現しますが,低温熱処理されたジュース,缶詰,ジャムなどにすれば飲食ができます.また,消化酵素によって容易に分解され失活するため症状は口腔内に限局され,「口腔アレルギー症候群」と呼ばれる臨床病型を呈します.

後者の代表的なアレルゲンが,LTP(lipid transfer protein)とGRP(gibberellin-regulated protein)です.LTPは果皮に分布しており,微生物やカビなどの侵入を防ぐ働きがあります.バラ科果物のほかに,キウイフルーツ,バナナ,柑橘類,ブドウなどにも含まれます.GRPはLTPと分子量,特性が近いため長く同定されませんでした.近年,新規アレルゲンとしてモモで発見されました.GRPは果肉にも果皮にも存在します.LTPもGRPも熱や酵素に安定なため,缶詰や加工食品にしても失活しません.このため,全身症状を起こすことがあります.欧米とくに南ヨーロッパではモモを皮ごと食べるため,モモアレルギーは主にLTPにより起こります.一方,日本ではモモは皮をむいてから食べるので,モモアレルギーの多くはGRPにより起こります.

果物アレルギーは,血液検査,皮膚テストなどにより診断します.血液検査では,果物と交差抗原性のある花粉アレルゲンの検査が必要になります.果物の汁を皮膚に垂らしてつねるprick to prick testが有用です.果物アレルギーがある場合には,当院にご相談ください.