ミティキュアダニ舌下錠は,ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎の治療薬です.抗ヒスタミン薬(内服,点眼),抗ロイコトリエン薬,鼻噴霧ステロイド薬などを使用すれば症状は抑えられますが.アレルギー性鼻炎が治るわけではありません.一方,ミティキュアを用いたアレルゲン免疫療法では,体をダニ抗原に慣らして行くことで体質改善が図られ,根本的な治癒が期待できます.

ミティキュアは既に2015年8月に鳥居薬品株式会社から発売されており,12歳以上が投与対象でした.2018年2月16日,ミティキュアの小児への適応拡大が承認され,原則として5歳以上に投与が可能になりました.ミティキュアには,1週目に服用する3300JAU錠と2週目以降に服用する10000JAU錠の2種類があります.使用上の注意点は以下の通りです.

服薬直前に乾いた指で,ミティキュアダニ舌下錠をブリスターシートから取り出してください.すぐに舌の下に置き,1分間保持した後に飲み込んでください.舌の下に置くとすぐに溶けてなくなりますが,ミティキュアが溶け出した唾液は1分間舌の下に保持してください.飲み込んだ後5分間は,うがい,飲食をしないでください.ミティキュアは舌の下の粘膜から体の中へ取り込まれます.小さなお子さんの場合,舌の下に1分間保持できているかを確認してください.ミティキュアが1分間で溶けない場合には,溶けるまで舌下に保持してから飲み込んでください.錠剤のまま飲み込まないでください.ミティキュアの初回服用は医療機関内で実施し,30分間の観察が必要です.2回目以降は,毎日自宅で服用します.

ミティキュア服用後少なくとも30分間,特に服用開始初期は副作用の発現に注意してください.主な副作用は,口の中の腫れ,かゆみ,不快感,異常感,唇の腫れ,喉の刺激感,不快感,耳のかゆみなどです.まれに重大な副作用として,全身性の強いアレルギー反応(ショック,アナフィラキシーなど)が発現することあります.血行が促進するとミティキュアの体内への吸収が増し,副作用が起こりやすくなります.服用前後の2時間程度は激しい運動や入浴,成人は飲酒を避けてください.ミティキュアの服用は,家族の居る場所や日中が推奨されます.特に小さなお子さんは,保護者の管理下で服用してください.

ミティキュアは,シートをはがさず,室温で,お子さんの手の届かないところに保管してください.

ミティキュアを誤って多く服用してしまった場合には,直ちに吐き出してうがいをしてください.舌の下に1分間保持せず飲み込んでしまった場合には,その日は再度服用しないでください.服用し忘れてその日のうちに気がついた場合には,その日の分を服用してください.服用したかどうか分からない場合には,その日は服用しないでください.

気管支喘息の症状悪化時や風邪などで体調が不良な場合,口の中に傷がある場合,抜歯時には,ミティキュアの服用について医師の判断を仰いでください.

ミティキュアによる治療中も,原因であるダニを減らすことは大切です.環境整備をしてください.

アレルギー性鼻炎の症状がある場合には,抗ヒスタミン薬(内服,点眼),抗ロイコトリエン薬,鼻噴霧ステロイド薬などを使用して構いません.

ミティキュアによる治療は,3年以上が推奨されています.治療開始後,数カ月で効果が期待できます.年単位で治療を継続することにより,ミティキュアの投与を終了した後も長期にわたって症状を抑えることができます.完全に抑えられない場合でも,症状が軽快します.

ダニ通年性アレルギー性鼻炎を根本的に治したい場合には,当院にご相談ください.ミティキュアを処方します.