アトピー性皮膚炎の定義

アトピー性皮膚炎は,「増悪・寛解を繰り返す,搔痒のある湿疹を主病変とする疾患であり,患者の多くはアトピー素因を持つ.アトピー素因とは,(1)家族歴・既往歴(気管支喘息,アレルギー性鼻炎・結膜炎,アトピー性皮膚炎のうちいずれか,あるいは複数の疾患)があること,または(2)IgE抗体を産生しやすい素因をさす.」と定義されます.

アトピー性皮膚炎の病態

皮膚バリア,アレルギー炎症,搔痒(かゆみ)が病態として重要です.

(1)皮膚バリア

皮膚バリア機能は,角層が主な役割を果たします.アトピー性皮膚炎では,皮膚バリア機能の低下のため,非特異的な刺激に対する皮膚の被刺激性が亢進し,炎症が起こりやすくなります.近年,尋常性魚鱗癬の原因遺伝子であるフィラグリン遺伝子の変異がアトピー性皮膚炎の発症に関与することが明らかになりました.フィラグリン遺伝子変異がなくても,アトピー性皮膚炎ではフィラグリンの発現が低下しています.フィラグリンは分解されると天然保湿因子として角層の水分保持やpH低下に働きます.フィラグリン量が減少しやすいアトピー性皮膚炎では,皮膚は乾燥しやすく,アルカリ性に傾きます.

(2)アレルギー性炎症

皮膚バリア機能の低下した皮膚では,外界からアレルゲンが侵入しやすくなります.ダニや花粉などは,アレルゲンとして働くだけでなく,プロテアーゼという酵素を含みます.プロテアーゼの存在下では,IgEが誘導され,I型アレルギー反応が起きやすくなります.

(3)搔痒

かゆみは主にヒスタミンにより起こります.アトピー性皮膚炎ではヒスタミン以外の化学伝達物質もかゆみに関与するため,抗ヒスタミン薬を服用してもかゆみは完全に止まりません.近年,IL-31というサイトカインがかゆみを誘導することが分かってきました.また,アトピー性皮膚炎では,かゆみを伝達するC線維という神経線維が表皮や角層まで伸びていて,かゆみ刺激に過敏になっています.

20160729_01

皮疹の分布と年齢的特徴

皮疹は左右対称で,前額,眼囲,口囲・口唇,耳介周囲,頸部,四肢関節部,体幹などに好発します.

乳児期:頭,顔から皮疹が出現し,体幹や四肢に拡大します.
幼小児期:頸部,肘窩,膝窩などに皮疹が出現するようになります.
思春期・成人期:顔面を含む上半身に皮疹が強く出現する傾向があります.

経過と予後

アトピー性皮膚炎は慢性に経過しますが,適切な治療により症状がコントロールされた状態が長く維持されると寛解が期待できます.一般的には,症状が軽いほど寛解する割合が高くなります.