アトピー性皮膚炎のかゆみ

アトピー性皮膚炎では,かゆみのコントロールが重要です.かゆみによる掻破は,皮膚炎の悪化や感染症,眼合併症の誘因になります.かゆみに対しては抗ヒスタミン薬を使用しますが,その効果は症例により異なります.かゆみは主にヒスタミンにより引き起こされますが,他の化学伝達物質もかゆみの原因になります.このため,抗ヒスタミン薬で完全にかゆみを止めることは不可能です.アトピー性皮膚炎の治療では,ステロイド外用薬やプロトピック軟膏などの抗炎症外用薬によって皮膚炎を沈静化することが最も重要です.抗ヒスタミン薬の内服は,その補助療法として有効です.

抗ヒスタミン薬の分類

抗ヒスタミン薬は,開発された時代により第1世代と第2世代に,中枢神経系への作用により鎮静性,軽度鎮静性,非鎮静性に分類されます.

抗ヒスタミン薬の選択

第1世代抗ヒスタミン薬には抗コリン作用があり,尿閉,緑内障などを起こすことがあります.また,鎮静作用が強く,眠気,倦怠感,計算能力の低下,痙攣の誘発などの副作用があるため使用しません.第2世代抗ヒスタミン薬には抗コリン作用はありませんが,鎮静作用の強いものが含まれています.治療には,非鎮静性の第2世代抗ヒスタミン薬を用います.

20160730_07

(注意!)オキサトミド,ケトチフェンは第2世代抗ヒスタミン薬ですが,鎮静性なので服用してはいけません.