花粉の飛散時期

主な花粉の飛散時期は,樹木(スギ,ヒノキ,ハンノキ,シラカンバなど)は1-5月(ピークは3月),イネ科植物(ハルガヤ,カモガヤ,オオアワガエリ,ギョウギシバなど)は4-11月(同5-6月と10月の2峰性),キク科雑草(ブタクサ,ヨモギなど)やクワ科雑草(クワモドキ,カナムグラなど)は8-10月(同9月)です.

治療薬

1.内服薬

(1)第2世代抗ヒスタミン薬:くしゃみ,鼻汁に効果があります.
(2)ケミカルメディエーター遊離抑制薬(遊離抑制薬):アレルギー反応の初期段階を抑制します.
(3)Th2サイトカイン阻害薬:I型アレルギー反応を抑制します.
(4)抗ロイコトリエン薬(抗LTs薬):鼻閉に効果があります.
(5)抗プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2薬(抗PDG2・TXA2薬):鼻閉に効果があります.
(6)第2世代抗ヒスタミン薬・血管収縮薬配合剤:くしゃみ,鼻汁,鼻閉に効果があります.
(7)経口ステロイド薬:重症・最重症例に用います.

*漢方薬:補助的に使用します.小青竜湯,葛根湯,柴朴湯,小柴胡湯,麻黄附子細辛湯,辛夷清肺湯(抗アレルギー剤で眠くなる方に),苓甘姜味辛夏仁湯(小青竜湯などで動悸がする方に)などが有効です.

2.外用薬

(8)鼻噴霧用ステロイド薬:鼻粘膜におけるアレルギー性炎症を抑えます.
(9)点鼻用血管収縮薬:鼻閉に即効性がありますが,連用はできません.
(10)点眼用抗ヒスタミン薬または遊離抑制薬
(11)点眼用ステロイド薬

初期療法

例年,強い花粉症症状を起こす場合には,「初期療法」を行います.

第2世代抗ヒスタミン薬,抗ロイコトリエン薬,鼻噴霧用ステロイド薬は花粉飛散予測日または症状が少しでも現れた時点で開始し,その他の薬剤は飛散予測日の1週間前をめどに開始します.

20160802_04