乳糖不耐症とは?

母乳,ミルク,牛乳などには「乳糖」という糖質が含まれています.乳糖は小腸でラクターゼという酵素により「ブドウ糖」と「ガラクトース」に分解されます.ブドウ糖とガラクトースは腸壁から吸収され血液中に移行します.ラクターゼが欠乏すると,乳糖を消化吸収できなくなります.その結果,高濃度の乳糖が腸管内の貯留し液体を引き寄せ,下痢になります.吸収されない乳糖は小腸を通過して大腸に入り,腸内細菌により発酵し,腹部膨満(ガスっ腹)と酸性便(酸っぱい臭いの便)を起こします.このような病態を「乳糖不耐症」と呼びます.

乳糖不耐症には,「先天的」なものと,「後天的」なものがあります.

先天的なものは,ラクターゼが生まれつき欠けているため,母乳やミルクを飲み始めてすぐに酸っぱい臭いの水っぽい便を頻繁にするようになります.脱水症状や発育障害を起こすこともあります.欧米白人は,昔から乳製品を摂取し続けているので酵素活性が高く,乳糖不耐症の人は少ないです.一方,もともと乳製品を摂取する習慣のなかったアジア人や黒人の7-9割は,乳糖不耐症の素因があります.乳児期には母乳やミルクを摂取するためラクターゼの活性が高いですが,離乳とともに酵素活性が低くなります.学校給食等で牛乳を飲んでいる間は酵素誘導が働くため症状が出にくいです.しかし,思春期以降に乳製品を摂取しなくなると酵素活性が低くなり,たまに牛乳を飲んだ時にお腹がゴロゴロするという症状で乳糖不耐症と気付くことがあります.

後天的なものは,ウイルスや細菌による急性胃腸炎に罹患した時に起ります.腸の粘膜がただれて機能が低下し,一時的にラクターゼの分泌が悪くなって酸っぱい臭いの便をするもので,これを「2次性乳糖不耐症」と呼びます.乳糖不耐症の多くはこちらです.

症状

小児では,下痢,腹部膨満(ガスっ腹),酸性便(酸っぱい臭いの便)を来します.重症な場合には,体重増加不良を起こします.成人では,腹部膨張,腹痛,下痢,吐き気.腸がゴロゴロ鳴る.乳製品を食べた30分から2時間後に急激に排便します.

対策

1.一時的に母乳,ミルクを止めてみる.
2.乳糖分解粉乳(ラクトレス,ノンラクトなど)や乳糖分解牛乳(アカディ)に切り替える.
3.医療機関で乳糖分解酵素(ミルラクト,ガランターゼなど)の処方を受け,母乳やミルクを飲む前に服用する.
4.ヨーグルト,乳酸菌飲料(カルピスやヤクルトなど),チーズなどの発酵性乳製品を摂取する.これらの乳製品は,製造過程で乳糖がある程度分解されるので,母乳やミルクに比べ乳糖不耐症を起こしにくい.
5.乳製品を少しずつ繰り返し摂取していると酵素誘導が起こり,乳糖不耐症が軽快することがある.