1.ロタウイルス胃腸炎

ロタウイルス胃腸炎は,主に乳幼児に起こるウイルス性胃腸炎です.ロタウイルス胃腸炎の原因であるロタウイルスは全世界に広く分布し,衛生状態に関係なく世界各地で感染がみられます.ロタウイルス胃腸炎の多くは突然の嘔吐に続き,白っぽい水のような下痢を起こします.発熱を伴うことがあり,回復には1週間ほどかかります.多くは治療を行わなくても回復しますが,ときに脱水,腎不全,脳炎・脳症などを合併することがあります.脱水が強い場合には入院が必要になります.日本ではロタウイルス胃腸炎は冬から春に流行します.主に生後3-24ヵ月の乳幼児がかかりますが,発症月齢のピークは生後7-15ヵ月です.生後3ヵ月までは母体からの移行抗体よって感染しても症状が出ないか,症状があっても軽く済みます.一方,生後3ヵ月以降の初感染ではしばしば重症化します.ロタウイルス胃腸炎は小児急性重症胃腸炎の原因の第1位で,受診した人の10人に1人が入院するという報告があります.

2.ロタテック内用液

5価経口弱毒生ロタウイルスワクチンで,G1型,G2型,G3型,G4型,P1A[8]型のロタウイルスを含みます.

3.接種方法

1回目の接種は生後6週齢以上に行い,2回目,3回目はそれぞれ4週以上の間隔をおいて,32週齢までに3回の接種を終了します.1回目の接種は生後14週6日までに受けることが推奨されています.接種直後にワクチンを吐き出しても,飲み直しはできません.このワクチンと他のロタウイルスワクチンを互いに取りかえて接種したときの情報は得られていないため,2回目,3回目もロタテック内用液の接種を受けてください.

987-1

4.効果

ロタウイルス胃腸炎を予防するとともに,重症化を防ぐことができます.このワクチンは,ロタウイルス以外のウイルスによる胃腸炎を予防することはできません.

5.次の人はこのワクチンを使用することはできません

・明らかな発熱を呈している人
・重篤な急性疾患にかかっている人
・過去にロタテック内用液に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人
・過去に腸重積症があった人(下図参照*)
・未治療の先天性消化管障害(メッケル憩室等)のある人
・重症複合型免疫不全(SCID)のある人
・上記以外に,医師が予防接種を行うことが不適当な状態にあると診断した人

*腸重積症(腸の一部が腸の他の部分に入り込み,腸が閉塞した状態)

987-2

6.次のいずれかにあたる場合には,医師が健康状態や体質に基づいて接種の適否を判断します

・心臓や血管,腎臓,肝臓,血液の障害や発育の障害などの基礎疾患のある人
・他の予防接種で接種後2日以内に発熱があった人や全身性発疹などのアレルギーを疑う症状が出たことがある人
・過去にけいれんがあった人
・免疫機能に異常がある人,および免疫機能に異常のおそれがある人,免疫を抑える可能性のある治療を受けている人や近親者に先天性免疫不全症の人がいる人
・胃腸障害(嘔吐,下痢)のある人

7.副反応

国内で行なわれた臨床試験では,主に下痢(5.5%),嘔吐(4.2%),胃腸炎(3.4%),発熱(1.3%)などの副反応がみられました(接種後14日間での報告).また,腸重積症の発症や重篤な症状は認められませんでした.

8.接種後は次の事項にご注意ください

・重いアレルギー症状が起こることがあるので,接種後少なくとも30分間は安静にしてください.
・接種後に,下痢,嘔吐,胃腸炎,発熱などの副反応がみられることがあります.
・接種後の健康状態によく気をつけてください.体調の変化や異常な症状があらわれたらすぐに医師の診察を受けてください.
・腸重積症と思われる症状(お腹の痛みのため激しく泣く・機嫌が悪いなどが周期的にみられる,お腹がはる,ぐったりする,顔色が悪い,血便がみられる,嘔吐,をくりかえすなど)があらわれた場合は,すぐに医師の診察を受けてください.海外の製造販売後の調査では,接種後21日間(主に7日間)はわずかに腸重積症の発症リスクが増加する可能性があるとされています.この時期はとくに注意してください,
・接種当日は過激な運動は避けてください.
・接種当日の入浴は差し支えありません.
・接種後に母乳を含む固形食お呼び流動食に関する制限はありません.
・ワクチン接種を受けた人の便の中にワクチンに入っているウイルスが含まれることがあるため,家族やまわりの方に感染することもあります.ワクチン接種から1-2週間はおむつ交換などの後にはいつもより丁寧に手を洗ってください.また,免疫力が低下した人(悪性腫瘍患者または免疫障害のある人,免疫抑制療法を受けている人)と密接な接触がある場合には注意してください.
・ロタテック内用液の接種日以降に他の予防接種を受ける場合は27日以上の間隔をあけてください.