子宮頸がんと発がん性ヒトパピローマウイルス

(1)子宮頸がんは子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんで,20-30代で急増し,日本では年間約15000人の女性が発症しています.子宮頸がんは初期の段階では自覚症状がほとんどないため,しばしば発見が遅れてしまいます.がんが進行すると,不正出血や性交時の出血などがみられます.
(2)子宮頸がんは,発がん性HPVというウイルスの感染が原因で引き起こされる病気です.
(3)発がん性HPVは感染しても多くの場合,感染は一時的で,ウイルスは自然に排除されます.しかし,感染した状態が長い間続くと,子宮頸がんを発症することがあります.
(4)発がん性HPVは特別な人だけが感染するのではなく,多くの女性が一生のうちに一度は感染するごくありふれたウイルスです.
(5)発がん性HPVには15種類ほどのタイプがあります.日本人子宮頸がん患者の約60%から,HPV16型,18型の2種類の発がん性HPVが見つかっています.

サーバリックスは発がん性HPV16型,18型の感染を防ぎます

(1)サーバリックスはすべての発がん性HPVの感染を防ぐものではありませんが,子宮頸がんから多くみつかるHPV16型,18型の2つのタイプの発がん性HPVの感染を防ぐことができます.
(2)サーバリックスを接種しても,HPV16型および18型以外の発がん性HPVの感染は予防できません.また,サーバリックスは接種時に発がん性HPVに感染している人に対して,ウイルスを排除したり,発症している子宮頸がんや前がん病変(がんになる前の異常な細胞)の進行を遅らせたり,治療することはできません.
(3)上記のようにサーバリックスの接種時にHPV16型や18型の発がん性HPVに感染している人に対して十分な予防効果は期待できませんが,HPV16型と18型の両方に同時に感染している可能性は低く,HPV16型に感染している人でもHPV18型への予防効果が,HPV18型に感染している人でもHPV16型への予防効果が期待できます.また,発がん性HPVに感染している人に対してサーバリックスを接種しても症状の悪化などは報告されていません.

サーバリックスの接種スケジュール

10歳以上の女性に,通常,1回0.5mLを0,1,6月後に3回接種します.

784-2

発がん性HPV16型,18型に感染する前にワクチンを接種すると効果的です

(1)子宮頸がんの発症は20代以降に多いですが,発がん性HPVに感染してから発症まで数年から十数年かかります.
(2)発がん性HPVに感染する可能性が低い10代前半に子宮頸がん予防ワクチンを接種することで,子宮頸がんの発症をより効果的に予防できます.
(3)ワクチンを接種した後も全ての発がん性HPVによる病変が防げるわけではないので,早期発見するために子宮頸がん検診の受診が必要です.市区町村が実施する公的子宮頸がん検診は20歳以上を対象として2年に1回の受診間隔で実施されるので,10代でワクチンを接種しても20歳を過ぎたら定期的な子宮頸がん検診を受けましょう.なお,10代の方は公的な検診制度はありません.気になることがありましたらすぐにワクチンの接種を受けた医療機関にご相談ください.20歳を過ぎたら定期的に子宮頸がん検診を受けましょう.

次の方は接種を受けないでください

(1)明らかに発熱している方(通常は37.5℃を超える場合).
(2)重い急性疾患にかかっている方.
(3)サーバリックスの成分によって過敏症(通常接種後30分以内に出現する呼吸困難や全身性のじんましんなどを伴う重いアレルギー反応を含む)をおこしたことがある方.
(4)その他,かかりつけの医師に予防接種を受けないほうがよいと言われた方.

次の方は接種前に医師にご相談ください

(1)血小板が少ない方や出血しやすい方.
(2)心臓血管系疾患,腎臓疾患,肝臓疾患,血液疾患,発育障害などの基礎疾患のある方.
(3)過去に予防接種で接種後2日以内に発熱のみられた方.
(4)過去にけいれん(ひきつけ)をおこしたことがある方.
(5)過去に免疫状態の異常を指摘されたことのある方,もしくは近親者に先天性免疫不全症の方がいる方.
(6)妊娠あるいは妊娠している可能性のある方(3回の接種期間中を含む)

サーバリックスの効果について

(1)サーバリックスの接種対象者は,10歳以上の女性です.
(2)サーバリックスは臨床試験により15-25歳の女性に対するHPV16型と18型の感染や,前がん病変の発症を予防する効果が確認されています.10-15歳の女児および26歳以上の女性においては予防効果に対するデータはありませんが,サーバリックスを接種すると15-25歳の女性と同じように抗体ができることが確認されています.
(3)サーバリックスの予防効果がいつまで続くかについては,現時点で成人女性で一番長い人で6.4年間(平均では5.9年間)までサーバリックス接種による抗体と予防効果が続くことが確認されています(海外臨床試験成績).ただし,子宮頸がんの発症を予防するのに必要な抗体の量については現時点では明らかになっていません.なお,現在も接種後の経過観察が続けられています.将来,サーバリックスの追加接種が必要となる可能性もあるので,今後得られる情報にご留意ください.
(4)子宮頸がんは多くの場合,発がん性HPVの持続的な感染や前がん病変の後に発症すると考えられており,これらを予防することにより,子宮頸がんを予防できると考えられています.子宮頸がんを発症するまでには発がん性HPVに感染後,数年から十数年かかります.臨床試験では,サーバリックスにより発がん性HPVの持続的な感染および前がん病変が予防できることが確認されていますが,子宮頸がんに対する予防効果について確認されているわけではなく,海外で検討が続けられています.

サーバリックスの十分な予防効果を得るためには3回の接種が必要です

(1)3回接種しないと十分な予防効果が得られません.
(2)腕の筋肉に注射します.
(3)3回の接種の途中で妊娠した場合には,接種は継続できません.その後の接種については医師にご相談ください.

接種後の症状について

(1)サーバリックスにはワクチンの効き目をよくするための2種類のアジュバント(免疫増強剤)が添加されています.1つはアルミニウム塩で,国内で市販されているワクチンによく使われています.もう1つは,MPL(3-脱アシル化モノホスホリル脂質A)で,海外で市販されている他のワクチンにも添加されていますが,国内では初めて添加される成分です.
(2)サーバリックスを接種した後に注射した部分が腫れる,痛むことがあります.
(3)注射した部分の痛みや腫れは,体内でウイルス感染に対して防御する仕組みが働くためにおこります.通常は数日間程度で治ります.

サーバリックスの主な副反応

(1)サーバリックス接種と関連性があると考えられた主な副反応について,以下のように報告されています.
●頻度10%以上:かゆみ,注射部分の痛み・赤み・腫れ,胃腸症状(吐き気,嘔吐,下痢,腹痛など),筋肉の痛み,関節の痛み,頭痛,疲労
●頻度1-10%未満:発疹,じんましん,注射部分のしこり,めまい,発熱,上気道感染
●頻度0.1-1%未満:注射部分のピリピリ感,ムズムズ感
●頻度不明:失神・血管迷走神経発作(息苦しい,息切れ,動悸,気を失うなど)
(2)重い副反応として,まれにアナフィラキシー様症状(血管浮腫・じんましん・呼吸困難など)が現れることがあります.
(3)接種後1週間は症状に注意し,強い痛みがある場合や痛みが長く続いている場合など,気になる症状があるときは医師にご相談ください.

接種後の注意

(1)接種後に,重いアレルギー症状かがおこることがあるので,接種後はすぐに帰宅せず,少なくとも30分間は安静にしていてください.
(2)接種後は,接種部位を清潔に保ちましょう.