麻疹(はしか)に自然感染したとき

●麻疹(はしか)は麻疹ウイルスの飛沫(ひまつ)感染によって起こる病気です.伝染力が強く,一生のうちに一度は必ずかかる重い病気です.
●主症状は,発熱,せき,鼻汁,眼やに,発疹です.
●最初3-4日間は38℃前後の熱がでて,一時治まりかけたかと思うとまた39-40℃の高熱と発疹が出現します.高熱は3-4日で解熱し,次第に発疹も消失します.しばらくは色素沈着が残ります.
●主な合併症としては,気管支炎,肺炎,中耳炎,脳炎があります.患者100人中,中耳炎は7-9人,肺炎は1-5人に合併します.脳炎は2000-3000人に1人の割合で発生がみられます.また亜急性硬化性全脳炎(あきゅうせいこうかせいぜんのうえん)(SSPE)という慢性に経過する脳炎は約10万例に1例発生します.
●麻疹は昔から「命定め」と呼ばれている恐い病気です.麻疹にかかった人の1000人に1人は死亡します.わが国では,年間約50人の子が麻疹で命を落としています.現在の医療水準でも死亡することがある恐い病気です.麻疹の経過中に急性循環不全(血圧がストンとさがって,心臓がパタッと止まる)が起きて,あっという間に死亡することがあります.重症化するか否かは誰にも予見できません.

風疹に自然感染したとき

●風疹はウイルスの飛沫(ひまつ)感染によっておこる病気です.潜伏期間は2-3週間です.
●軽い風邪症状で始まり,主症状は発疹,発熱,頸部リンパ節腫脹です.眼球結膜が充血することもあります.熱,発疹ともに3日間くらいで治るので,「三日ばしか」と俗称されますが,麻疹(はしか)とは全く別の病気です.
●血小板減少性紫斑病,脳炎,関節痛などが合併症として知られています.血小板減少性紫斑病は患者3000人に1人,脳炎は患者5000人に1人起こります.
●年長児や大人がかかると一般に重症化しやすく,3日で治らないことが多いようです.
●妊娠初期に風疹にかかると,生まれてくる赤ちゃんに心奇形,白内障,聴力障害を引き起こすことがあります(先天性風疹症候群と呼びます).妊娠年齢までに予防接種を受けておくことが大切です.

麻疹風疹混合ワクチンの受け方

麻疹風疹混合ワクチンは2回接種を受けます.第1期:生後12月から24カ月に至るまでの間第2期:5歳以上7歳未満で,小学校入学の1年前から前日まで*ただし,麻疹ワクチン,風疹ワクチンをいずれも未接種で,麻疹,風疹のいずれにも未罹患の者

21-2

○1歳のお誕生日を過ぎたら直ぐに接種を受けて.1歳のお誕生日にお子さんにケーキやお祝いをあげるよりも,麻疹風疹混合ワクチンを接種してあげることの方が重要です.
○接種前3カ月以内に輸血またはガンマグロブリン製剤の投与を,接種前6-11カ月以内にガンマグロブリン大量療法を受けた方は,接種を受けられません.
○接種した95%以上の人が免疫を獲得できます

麻疹風疹混合ワクチンの効果麻疹風疹混合ワクチンの接種後の麻疹HI抗体陽転率は99.7%,風疹抗体陽転率は100%です.

麻疹風疹混合ワクチンの副反応

○麻疹風疹混合ワクチンは弱毒生ワクチンなので,ワクチン株が体内で増殖します.接種後4週間は副反応の出現に注意しましょう.
○接種後,37.5以上の発熱が22.3%,発疹が8.6%,注射部位紅斑が5.8%出現します.いずれも接種後5-14日して出現することが多いです.通常は1-2日で自然に治るので,心配ありません.
○発熱が生じた場合には,解熱剤の坐薬を使用して下さい.
○発熱に伴いまれに熱性けいれんが起こる場合があります.過去に熱性痙攣を起こしたことがあるお子さんは,ひきつけ止めの座薬(ダイアップ)を使用して下さい(あらかじめ坐薬を用意しておくとよいでしょう.当院で処方します).
○ごくまれに(100-150万人に1人)脳炎の発生が報告されています.
○痙攣が出現した場合,発熱や発疹が持続する場合には受診して下さい.

接種を受けた後の注意

○接種当日はいつも通りの生活でかまいませんが,激しい運動は避けて下さい.入浴は差し支えありません.
○接種した部位は揉まないで下さい.押さえるだけで十分です.わざとこするのはやめましょう.
○麻疹風疹ワクチン接種後は,4週間は他のワクチンを接種できません.

病気の後の予防接種までの期間

○麻疹の治癒後4週間,風疹・水痘・おたふくかぜの治癒後2-4週間,突発性発疹・手足口病・伝染性紅斑などの治癒後1-2週間程度は,予防接種を受けない方がよいでしょう.ただし,疾病流行期はこの限りでありません.
○上記疾患以外で高熱が出た場合には,1週間は予防接種を受けない方がよいでしょう.