自然感染したとき

                             

ジフテリア

              
●ジフテリア菌の飛沫(ひまつ)感染によって起ります.感染は主に咽頭ですが,鼻にも感染します.
●ジフテリア菌が感染すると, 10%の人に症状が発現します.残りの90%の人は感染しても発病せずに(=不顕性感染),保菌者となってジフテリア菌を排出し,他の人に感染させます.
●症状は高熱,のどの痛み,犬吠様の咳,嘔吐などで,のどに偽膜(ぎまく)を形成して窒息死することがある恐ろしい病気です.
●発病2-3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺(まひ)を起こすことがあるので,注意が必要です.

百 日 咳

●百日咳菌の飛沫感染によって起こる病気です.
●百日咳は普通の風邪のような症状で始まります.その後,咳がひどくなり,顔をまっ赤にして連続的に咳込むようになります.コンコンコンと激しい咳のあとに息をヒューと吸い込みます.熱はでません.
●乳幼児は咳で呼吸ができず,チアノーゼやけいれんが起きることがあります.
●肺炎や脳症などの重い合併症を起こします.乳児では命を落とすことがあります.

破 傷 風

●破傷風はヒトからヒトへ感染するのではなく,破傷風菌が土の中にひそんでいて,傷口からヒトの体内に入って感染します.体内に入った破傷風菌が増殖すると,菌が産生する毒素のために口が開けられない,けいれん,呼吸が出来なくなるなどの症状が起こって,死亡することがあります.
●自分では気がつかない程度の軽い傷から感染します.
●日本中どこにでも土の中に破傷風菌がいますので,常に感染する機会があります.

ポ リ オ

●ポリオは経口感染し,感染した場合には100人の1人の割合で手足に麻痺が起こります.一部の人では一生麻痺が残ります.呼吸困難で死亡することもある病気です.
●パキスタン,アフガニスタン,中国などでは,ポリオの流行が報告されています.日本国内に持ち込まれた場合に備えて,ワクチン接種により基礎免疫をつけておくことが大切です.

4種混合ワクチンの受け方

○生後3カ月になったら直ぐに,I期初回1,2,3回目の接種を受けましょう. 1,2,3回目は3週間以上の間隔をあけて下さい.早めに接種を受けましょう.
○I期初回3回目の接種後, 12-18カ月後にI期追加の接種を受けて下さい.
○II期は11-12歳(小学校6年生)に2種混合(DT)を追加接種します.

985-2

接種を受けられない人

○37.5℃以上の発熱がある人
○重い急性の病気にかかっている人
○過去に4種混合ワクチンの成分でアナフィラキシーを起こしたことがある人
○医師が接種を行うことを不適当だと判断した場合

接種を受けた後に注意すること

○接種当日は,激しい運動は避けてください.接種部位は清潔にしてください.
○注射部位が赤く腫れる,痛むことがありますが,通常は2-3日で治ります.高熱,痙攣,腕全体が腫れるような異常反応や体調の変化があれば,医師の診察を受けてください.
○まれに急な副反応が起こることがあるので,接種後30分は院内にいてください.
○次回注射する時には,できるだけ前回と反対側の腕に接種を受けることが推奨されています.
○4種混合ワクチン接種後は,1週間は他のワクチンを接種できません.ただし,4種混合ワクチンどうしは3-8週間の間隔をあけて下さい.

4種混合ワクチンの副反応

○接種後に5%以上の頻度で発熱しますが,通常は1-2日で下がります.発熱した場合には解熱剤の坐薬を使用して差し支えありません.
○接種部位の腫脹(はれ)が4.5-18.6%に,紅班(あかみ)が29.0-49.8%に,硬結(しこり)が25.3-32.1%に生じます.免疫反応が起こっているための現象ですので,心配ありません.アイスノンなどで冷やして下さい.直径2-3cm程度は様子を見てください.5cm以上腫れた場合には湿布薬やかゆみ止めを処方します.受診して下さい.まれに,上腕全体が腫れることがあります.
○硬結(しこり)が残ることがありますが,少しずつ小さくなり,数カ月で自然に消失します.様子をみて下さい.

病気の後の予防接種までの期間

○麻疹の治癒後4週間,風疹・水痘・おたふくかぜの治癒後2-4週間,突発性発疹・手足口病・伝染性紅斑などの治癒後1-2週間程度は,予防接種を受けない方がよいでしょう.ただし,疾病流行期はこの限りでありません.
○上記疾患以外で高熱が出た場合には,1週間は予防接種を受けない方がよいでしょう.