2019年12月5日,国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院は,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)菌血症とフルオロキノロン耐性大腸菌血症(FQREC)で年間8000名が死亡していて,日本でも薬剤耐性(AMR)による深刻な被害が出ていると発表しました.

薬剤耐性による世界的な死亡者数増加が指摘されています.これまで日本での薬剤耐性による死亡者数は明らかになっていませんでした.同病院のAMR臨床リファレンスセンターは,厚生労働省院内感染対策サーベイランス(JANIS)のデータから全国の菌血症症例数を算出し,過去の研究に基づいた死亡率と合わせて,これら2種類の耐性菌による菌血症の死亡数を推定しました.結果は以下の通りでした.

MRSA菌血症による死亡数は,2011年は5924名でしたが, 2017年には4224名と推定され,次第に減少しています.黄色ブドウ球菌菌血症全体の死亡数は横ばいであり,黄色ブドウ球菌に占めるMRSAの割合が次第に低下しているためと考えられます.

一方,FQREC菌血症による年間死亡数は,2011年は2045名でしたが,2017年には3915名と推定され,次第に増加しています.これは大腸菌による菌血症全体の増加に加え.大腸菌のフルオロキノロン耐性が増加しているためと考えられます.

薬剤耐性(AMR)に関連して米国では年間3.5万人以上,欧州では年間3.3万人が死亡していると推定されています.世界全体では,2050年にはAMRに関連した死亡数が年間1000万人に達する可能性があるとされています.

薬剤耐性菌の出現を防ぐためには,適切に抗菌薬を使用しなければいけません.しかし,大変残念ながら,お薬手帳を拝見すると,当院周辺でも不適切あるいは過剰な抗菌薬処方が目立ちます.よく見られる誤用は以下の通りです.

急性咽頭炎,急性中耳炎,急性細菌性副鼻腔炎,急性肺炎(マイコプラズマ肺炎を除く)の治療では,第1選択薬はアモキシシリン(商品名:ワイドシリンなど)です.薬疹の既往など特殊な事情がある場合を除けば,いきなり第3世代セフェム系抗菌薬(商品名:セフゾン,メイアクト,フロモックス,トミロンなど)が必要になることはありません.

伝染性膿痂疹で内服抗菌薬が必要な場合,第1選択薬はセファレキシン (商品名:ケフレックス)です.セファクロル(同:ケフラール),アモキシシリン(同:ワイドシリンなど)を使用する場合もあります.いきなり第3世代セフェム系抗菌薬が必要になることはありません.

尿路感染症の治療では,第1選択薬はセファクロル(商品名:ケフラール)です.ST合剤(同:バクターなど)を使用する場合もあります.いきなり第3世代セフェム系抗菌薬が必要になることはありません.

咳が出るという理由だけでクリスロマイシン(商品名:クラリス,クラリシッドなど)が処方されている場合があります.一般の小児科診療でクラリスロマイシンの処方が必要になる咳疾患は,マイコプラズマ感染症と百日咳です.これらの疾患はLAMP法や抗体検査などで診断が可能です.咳のほとんどはウイルス性の感冒や気管支炎が原因なので特効薬はなく,自然治癒を待つしかありません.クラリスロマイシンをむやみに服用しても咳が止まるわけではありません.

滲出性中耳炎の治療にクラリスロマイシン少量投与を行なうことがあります.原則として,滲出性中耳炎に慢性副鼻腔炎が合併している場合に行われます.滲出性中耳炎の多くは去痰剤のカルボシステイン(商品名:ムコダインなど)の投与で治癒に至る場合がほとんどです.カルボシステインの投与が数週間に及ぶこともありますが,クラリスロマイシンの処方なしで十分に治療が可能です.

薬剤耐性による深刻な被害を防ぐには,抗菌薬を適切に使用することが大切です.日常診療における不適切あるいは過剰な抗菌薬処方は,薬剤耐性を誘導します.当院では,各種ガイドラインに沿って適切な抗菌薬処方を心掛けています.