生後6カ月くらいまでの赤ちゃんは,母体から胎盤を通じて免疫グロブリンなどをもらっているため,一般的には感染症にかかりにくいです.特に,生後3カ月未満では,熱が出ることはほとんどありません

一般的に,発熱は成人では37.0℃以上ですが,小児では37.5℃以上です.赤ちゃんは体温のコントロールが未熟なため,室温,厚着,布団の掛けすぎなどによって体温が変化しやすいです.熱があるかなと思ったら,まずは慌てずに,体温を複数回測定してください.

生後3カ月未満の赤ちゃんでは発熱以外の症状がわかりにくく,対応が遅れがちになります.発熱以外には,母乳やミルクの飲みが悪くなる,顔色が悪い,不機嫌でずっと泣いているなどの症状に注意が必要です.最も大切なことは,「いつもとなんとなく様子が違う」という保護者の印象です.

子どもの発熱の多くは,ウイルス感染によるものです.特効薬があるインフルエンザを除き,安静と水分や栄養補給などによる対症療法により治癒を待ちます.しかし,生後3カ月未満ではなんらかの病気がある可能性が高く,小児科を受診する必要があります.

生後3カ月未満でもウイルス感染症が発熱の原因として多いのですが,髄膜炎,敗血症,尿路感染症などの細菌感染症が原因となっている場合があり,小児科での検査が必要になります.具体的には,血液検査,尿検査,咽頭や鼻腔の迅速検査あるいは細菌検査,胸部X線撮影などを行います.細菌性髄膜炎が疑われる場合には入院の上,髄液検査が必要になることがあります.

生後2カ月になると,定期接種としてヒブ,小児用肺炎球菌,B型肝炎ワクチン,任意接種としてロタワクチンの接種が始まります.4週間後の生後3カ月には,定期接種として4種混合ワクチンが加わります.いずれのワクチンでも副反応として発熱が生じることがありますが,小児用肺炎球菌ワクチンが最も発熱を生じやすいです.ワクチンによる場合には,通常は半日から1日の発熱のみで機嫌も良く,他の症状はありません.1日3回以上体温を測定して様子を見ればいいでしょう.ただし,細菌感染症などが隠れている場合もあるので,不機嫌,いつもと様子が違う,発熱が続く場合には,諸検査が必要になります.

生後3カ月未満の発熱では,解熱剤は使用されることはありません.いたずらに解熱剤を使うと,熱があるかどうかが分からなくなってしまい,病気の発見が遅れてしまいます.ご注意ください.