鉄欠乏性貧血とは?

体の中の鉄分は赤血球(酸素を運ぶ役目がある)をつくるときの大切な材料です.鉄分が不足すると赤血球を造れなくなって,貧血になります.乳児期後半や思春期(とくに女子)はからだの成長が著しく,鉄不足になりやすいので,この年齢層のお子さんは鉄欠乏性貧血に注意が必要です.

症状

思春期のお子さんでは,貧血がひどくなると,動悸,息切れ,顔色が悪いなどの症状が出ます.しかし,ほとんどの場合,血液検査で貧血が偶然発見されます.

70-2

食べ物で治す

日頃から,鉄分を多く含む食物を毎日食べるようにしましょう.

○鉄分を多く含む食品
レバー,赤身の肉,魚肉(おさしみ),しらすぼし,しじみ,大豆,ほうれんそう,のり,とろろこんぶ

○鉄分の吸収をよくする食品
ビタミンCを多く含む果物,野菜

●鉄分の吸収を悪くする食品
お茶をたくさん飲むのは避けましょう.即席メンやスナック菓子は,偏食やムラ食いのもとなので,止めましょう.

くすりで治す

食べ物だけでは不十分なことが多いので,3カ月間,鉄剤を飲みます.鉄剤に味のよいものはありません.いろいろ工夫をして飲ませてください.
便が黒っぽくなりますが,気にしないで下さい.通常は,鉄剤を飲む前,飲み始めてから1カ月目,飲み終わりの3カ月目に血液検査をします.
その後,鉄剤を飲むのを一旦中止して,1-2カ月したら,もう1度血液検査をします.鉄剤を服用しなくても貧血の再発がないことを確認して,治療が終了になります.