ウエット・ラップ(Wet Wraps)法とは?
175-2

アトピー性皮膚炎の治療には,非鎮静性抗ヒスタミン薬の内服,ステロイド外用薬,プロトピック軟膏,保湿剤などが用いられます.こうした治療をしても,かゆみのためにガリガリと掻いてしまって治療効果が十分あがらないことがあります.このような場合には.ウエット・ラップ法が有効です.

ウエット・ラップ法というのは,皮膚に外用薬を塗り,ぬるま湯やお湯などで濡らした『チュビファースト』(サポーターの形状をした包帯のような布)を着用し,更にその上から乾いた『チュビファースト』を二重に被せるやり方です.

ウエット・ラップ法の利点や特長は,(1)冷涼感により『ひっかく行為』が軽減する,(2)経皮吸収促進によりスキンケア療法の効果が増進する,(3)高い保湿効果がある,などです.

ウエット・ラップ法を使えば,(4)アトピー性皮膚炎の強いかゆみが軽減し,(5)ひっかくダメージから皮膚が保護され,(6)患者の睡眠パターンが改善され生活の質(QOL)が向上します.

175-3

『チュビファースト』には5種類あります.頭部,胴体,腕脚など部位により使用法が異なります.薬局で販売しているので,お買い求めください.

 

ライン色
(パッケージ色)
円周長
(cm)
伸ばす前の長さ
(m)
使用する部位
レッド(赤)
2way
9-18 10 生後4か月未満の腕
グリーン(緑)
2way
14-24 10 5歳未満の手足
5歳以上の腕
ブルー(青)
2way
24-40 10 5歳以上の脚
成人の腕
イエロー(黄)
2way
35-64 10 小児の胴体、頭部
成人の腕・脚
パープル(紫)
2way
64-130 5 成人の胴体(大)

アトピー性皮膚炎のウエット・ラップ法(2)へつづく