アトピー性皮膚炎の治療で一番大切なのは毎日のスキンケア(お肌の手入れ)です.アトピー性皮膚炎のお子さんの皮膚は脂分に乏しく乾燥して痛みやすいので,注意深いスキンケアが大切です.スキンケアをすることで外用薬の効果が高まります.お母さんが毎日お肌の手入れ,お化粧をするのと全く同じ感覚で,お子さんの皮膚の手入れをしてあげて下さい.

(1)皮膚の汚れを落とす

皮膚に残った汗,よだれ,食べ物かす,黄色ブドウ球菌などは皮膚に炎症を起こして,アトピ−性皮膚炎を悪化させてしまいます.

毎日の入浴,シャワーが大切です.

<ポイント>

*石鹸,シャンプーは洗浄力の強いものは避ける.香料を含んでいない石鹸を使用する.特別な石鹸は必要ないが,乾燥肌用のものが良い.
*たっぷりの石鹸,シャンプーをよく泡立てる.泡状の石鹸かシャンプーを使用すると便利.あるいは,洗面器に2cmくらい水を張り,固形または液体石鹸を適量使用し,泡立てネットでブクブクし,たっぷりと山盛りの泡を作り,出来上がった泡を手で皮膚に塗るのがよい.
*石鹸,シャンプーをたっぷり使えば汚れは十分落ちる.
*手で優しくなでるように皮膚を洗う.目の粗いアカ落とし,ヘチマなどは皮膚を痛めてしまうので用いない.
*汚れは速やかに落とす,しかし強くこすらない.
*石鹸,シャンプーは残らないように十分すすぐ
*かゆみを生じるほどの高温のお湯は避ける
*入浴後にほてりを感じさせる沐浴剤,入浴剤は避ける.

182-2

(2)皮膚への強い刺激を避ける

強い日差しは皮膚に炎症を起こし(=赤くなる),乾燥させてしまいます.皮膚の炎症,乾燥はかゆみを引き起こし,アトピ−性皮膚炎を悪化させてしまいます.夏,海で泳ぐ時にはTシャツを着ましょう.屋外に長時間いる時には,つばの広い帽子をかぶり,日焼け止めクリームを塗りましょう.

(3)保湿剤をまめに塗る

乾燥肌を放置すると,皮膚はますます荒れてしまいます.冬には乾燥肌が顕著になります(夏場は汗をかくので皮膚の脂分が多くなり,乾燥肌は目立たなくなります).乾燥した皮膚に直接,または軟膏を塗った後に上塗り用として使って下さい.保湿剤はたっぷり,まめに塗って下さい.入浴,シャワーの後には速やかに保湿剤等を塗ってください.皮膚症状がよくなったように見えても塗り続けて下さい.

182-3