ステロイド外用薬は治療の中心!

アトピー性皮膚炎の外用療法では,ステロイド外用薬,プロトピック軟膏,保湿剤が用いられます.このなかで,ステロイド外用薬はアトピー性皮膚炎の治療の中心となる薬剤です.

重症度とステロイド外用薬の選択

適切なランクのステロイド外用薬を選択するためには,重症度の判定が必要です.

 表1:重症度のめやす(厚生労働科学研究班)

20160730_04

表2:皮疹の重症度とステロイド外用薬の選択

20160730_05

乳幼児,小児

乳幼児,小児で重症あるいは中等症の場合には,表2に示したよりも1ランク低いステロイド外用薬を使用します.通常はミディアムクラス,効果不十分な場合にストロングクラスで,皮膚症状のコントロールは十分可能です.効果が認められない場合,症状の急激な悪化時に限り,一時的に高いランクのステロイド外用薬を使用します.

顔面

顔面,頸部はステロイド外用薬の吸収率が高く,副作用の発生に注意が必要な部位です.原則として,ミディアムクラス以下のステロイド外用薬を使用します.ステロイド外用薬の長期間連用は避けなければいけません.2歳以上ではタクロリスム軟膏を積極的に使用します.

ステロイド外用薬の分類

ステロイド外用薬は強さにより,5段階に分類されます.ストロンゲストが最も強く,ウィークが最も弱いです.年齢,重症度,部位などに応じて,適切なランクのステロイド外用薬を選択します.

表3:ステロイド外用薬のランク

20160730_06

剤型

ステロイド外用薬には,軟膏,クリーム,ローション,テープ剤があります.アトピー性皮膚炎は皮膚の
乾燥を基盤とするので,軟膏を選択するのが基本です.クリームは夏期に軟膏の使用感が悪い場合
使用することがありますが,びらん面や掻破痕への塗布は避けてください.

外用回数

皮膚症状の悪化時には,ステロイド外用薬は原則的に1日2回(朝+夕または入浴後)塗布します.落ち着いてきたら,1日1回に減らすことも可能です.間欠塗布(プロアクティブ療法)に移行して,寛解状態を維持します.

塗布量

ステロイド外用薬の塗布量はFinger-tip unit(FTU)をめやすにします.

*ステロイド外用薬と保湿剤との混合は,本来の効力に影響を及ぼす場合があります.また,混合してもステロイド外用薬の副作用を軽減することはできません.原則として,それぞれ単独で使用することが望ましいです.