伝染性紅斑とは

パルボウイルス19によっておこる感染症です.頬がりんごのように赤くなるので,俗に「りんご病」と呼ばれます.
頬の赤味に続いて,太ももや腕にも同様の赤い斑点やまだら模様ができます.頬がほてる,かゆくなることがあります.熱はでません.強い日射しにあたったり,お風呂でからだが温まると,4週間くらい赤い斑点が出たり引いたりします.
大人がかかると,微熱が出る,腰や膝が痛むことがあります.

132-2

治療

自然に治るので特別な治療は不要です.かゆみが強いときはかゆみ止めを処方します.

家庭で気をつけること

食べ物はいつもどおりでかまいません.お風呂に入ってもかまいません.ただし,熱いお風呂に長く入ると赤みが強くなるので,短時間で切り上げるか,ぬるま湯にしましょう.

保育所・学校

感染が成立したのは発疹の出現する数カ月前です.頬が赤くなっている時期には,ヒトに感染する時期を過ぎています.赤い斑点が出ていても,保育園や学校には行ってかまいません.登園・登校の禁止は全く意味がありません.

胎児水腫

パルボウイルス19が妊娠中に母体が感染すると,胎児の赤血球系造血細胞を破壊してしまい,胎児が極端な貧血状態になります.胎児の子宮内発育がうまくいかずに胎児水腫という状態になり,胎児死亡,流産を引き起こすことがあります.