咽頭結膜熱とは

アデノウイルス3,4,6,8型などによって起こる感染症です.39-40℃の高熱が4-5日続き,喉の痛みが強く,結膜炎を起こして眼がまっ赤になります.頭痛,はき気,腹痛,下痢を伴うこともあります.*夏期に流行するため,かつては「プール熱」と俗称されていました.しかし,現在のプールの塩素濃度で感染することは,通常ありません.

135-2

治療

熱やのどの痛みをおさえる飲み薬,点眼薬などを処方します.

家庭で気をつけること

(1)高い熱:何日も高い熱が続きます.涼しい部屋で寝かせましょう.
(2)食べ物:熱が高く,のども痛いので,食欲がなくなります.プリンやゼリー,アイスクリーム,さましたおじや,とうふ,グラタンなどの,喉ごしの良いものを食べさせて下さい.
(3)水分:水分は十分に飲ませてください.麦茶やイオン飲料(アクアライト,アクアサーナなど),牛乳,みそ汁,ポタージュスープなどがよいでしょう.
(4)入浴:高い熱がなくなって,元気が出てくれば,入っても差し支えありません.

こんな時には

のどの痛みが強くて水分が取れない時,高い熱が3日以上続く時,元気がなくてぐったりしている時には早めに受診してください.検査,点滴などが必要なことがあります.

保育所・学校

発熱,喉の痛み,結膜充血などの症状が消失して2日間経過したら,登園・登校してかまいません.通常は保育所・学校を5-7日ほど休むことになります.