百日咳とは

最初は普通のかぜのような咳ですが,次第に強くなり,顔をまっ赤にして激しく咳込むようになります.

乳児,年少児,典型例では,ゴンゴンゴンゴンと激しい咳き込み(スタカート)のあとに,ヒューという息の引き込み(笛声)があり,これを繰り返します(レプリーゼ).

年長児,成人,非典型例では,咳だけがずっと続きます.
1-2週目が最も咳がひどく,3-4週目になると少しずつ軽くなっていきます.熱は出ません.

127-2

生後6カ月未満の赤ちゃんがかかると突然無呼吸を起こして,生命にかかわることがあります.また,百日咳脳症を起こすこともあります.
無呼吸や痙攣のある場合,呼吸が苦しそうな場合には入院が必要となります.

百日咳菌は体内で咳中枢を刺激する毒素を大量に産生します.この毒素のために,咳が激しく,かなりの期間(長ければ100日間)続きます.
診断には血液検査が必要です.百日咳菌に感染してから1-2週間経過すると,血液中の百日咳抗体価が上昇して来ます.

ワクチンを受けていても百日咳にかかることがあります.

治療

百日咳菌に有効な抗生剤を処方します.5-7日間程度の服用が必要です.

抗生物質で百日咳菌は死滅しますが,百日咳毒素がからだの中に残ることがあり,咳がなかなか取り切れないことがあります.

百日咳菌に抗菌力のある抗生物質は種類が限られていて,通常の咽頭炎や気管支炎の抗生物質では効かないことがあります.

家庭で気をつけること

(1)食べ物:咳込んで吐くので,1回量は少なく,回数を多くして,消化のよいものを与えましょう.

(2)入浴:咳が軽くなって,機嫌や食欲が普通になれば,入ってもかまいません.

(3)赤ちゃんにうつさないで!!百日咳の子を赤ちゃんに近づけてはいけません.

(4)お子さんから親,兄弟に感染すること(家族内感染)が.しばしばあります.成人でもかかることがあります.家族のなかで咳が続いている方がいる場合には,検査や投薬が必要です.

保育所・学校

学校保健安全法により,「百日咳特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで」は,出席停止です.