突発性発疹とは

生後4-5か月から1歳ぐらいの赤ちゃんが、突然高熱を出して3〜4日続きます.生まれて初めての発熱であることが多く、咳や鼻水は出ません.熱が下がると,からだ中に発疹が出ます.熱の下がる頃に便が少しゆるくなります. 

突発性発疹の原因にはHHV-6,HHV-7の2つのウイルスがあるので,2回かかることがあります.赤ちゃんのからだのなかに,これらのウイルスがいて,母体からの免疫が切れる頃に発症します.

治療

熱が高くて,機嫌が悪ければ解熱剤を処方します.

142-2

家庭で気をつけること

(1)高い熱:
高熱が続きますが,熱で頭がおかしくなることはありません.熱が続く間は赤ちゃんが過ごしやすいようにしてください.着せすぎ、掛けすぎに注意し,氷枕で冷やすのもいいでしょう.

(2)ミルク:
普通に飲ませてください.熱があるので,水分を十分に与えて下さい.アクアライトや果汁のほうを好むなら,飲ませて下さい.

(3)離乳食:
食べるならいつも通りに食べさせて下さい.

(4)入浴:
高い熱のあるときや元気のないとき以外は,発疹があっても入浴してかまいません.

注意すること

3-4日高熱が続き発疹が出るまでは「突発性発疹らしい,突発性発疹の可能性が最も高い」としか言えません.
髄膜炎や尿路感染症などの他の疾病の始まりと,診察しただけでは区別ができないことがあります.突発性発疹では熱が高いわりには元気なことが多いですが,元気がない場合には指示された受診日の前に来院して下さい.
突発性発疹では,ごくまれに髄膜炎を併発したり,脳炎を起こすことがあります.ひきつけを起こしたり,水分をあまりとらず,元気がない場合には早めに受診して下さい.
突発性発疹にかかったあとは,予防接種は1-2週間あけてください.