風疹(ふうしん)とは

風疹ウイルスによっておこる病気で,数年おきに流行します.
感染してから2-3週間後に,赤くて小さな発疹が体中に出ます.熱は全く出ない場合もあれば,3日間高熱が続く場合もあります,頚部リンパ節が腫れることがあります.俗に「三日ばしか」と呼びますが,麻疹(はしか)とは違う病気です.

風疹にかかると,特発性血小板減少性紫斑病(出血を止める働きのある血小板の数が減ってしまう),脳炎(痙攣や意識障害を起こす),関節炎を併発することがあります.

治療

直接治療する方法はありません.頭痛,関節痛,発熱がみられるときには熱さましや痛み止めを,かゆみが強いときはかゆみ止めを処方します.
唯一の予防法は風疹ワクチンを接種することです.早めに接種を受けましょう.

家庭で気をつけること

熱がなくて元気でも,発疹が消えるまでは家の中にいてください.食事その他,いつもと同じ生活でかまいません.

保育所・学校

発疹がすべて消えれば,行ってかまいません.

妊婦に近づかないで!

妊娠初期に風疹にかかると,生まれてくる赤ちゃんの目や耳や心臓に障害をきたすことがあります(先天性風疹症候群と呼びます).
風疹のお子さんを,妊婦や妊娠しているかもしれない人に近づけてはいけません.妊婦が風疹患者さんに接触した場合には,産科の先生に御相談下さい.