長期管理薬と発作止め

気管支喘息の普段の治療は,ロイコトリエン受容体拮抗薬やステロイド吸入薬などの長期管理薬が基本です.しかし,発作時には.気管支拡張剤(β2刺激薬)を用いて発作をすぐに止めなければいけません.

β2刺激薬の種類

β2刺激薬には3種類あります.
1.吸入薬:メプチン吸入液ユニット,メプチンキッドエアーなど
2.内服薬:ホクナリン,スピロペントなど
3.貼付剤:ホクナリンテープなど

β2刺激薬の作用時間には違いがあります.
1.吸入薬:吸入して直ぐに効く.
2.内服薬:内服して30分くらいで効いてくる.
3.貼付剤:貼ってから4-5時間して最も効く.

β2刺激薬には利点と欠点があります.
1.吸入薬:メプチン吸入液ユニットはネブライザーを持っていないと使えない.メプチンキッドエアーは小児とくに乳幼児では(吸入補助具を使っても)うまく吸えないことがある.
2.内服薬:水がないと飲めない.夜間の場合は,本人が目を覚まして起きないといけない
3.貼付剤:たとえ本人が寝ていても親が貼るだけでよい.水がいらない.汗ではがれると無効.

β2刺激薬の使い方

喘息の発作が起きた場合,使用するβ2刺激薬の優先順位は1.吸入薬→2.内服薬です.

195-2

  1. 吸入液:
    ネブライザーを持っている場合または吸入補助具で上手に吸入できる場合には,発作が起きたら吸入薬を使用してください.1回吸入をして喘息の発作がおさまれば,様子を見てください.発作がおさまらない場合には,20-30分後にもう1度吸入をしてください.自宅での吸入は1晩に3回までが限度です.3回吸入薬を使用しても発作が止まらない場合には,受診が必要です.
  2. 内服剤:
    ネブライザーを持っていない場合または吸入補助具で上手に吸入できない場合には,内服薬を使用してください.1回内服をして喘息の発作がおさまれば,様子を見てください.発作がおさまらない場合には,8-12時間後にもう1度内服をしてください.発作が止まらない場合には,受診が必要です.
  3. 貼付剤:
    吸入液や内服薬と違い,貼付剤には即効性はありません.原則として長期管理薬として使用してください.

β2刺激薬の併用

β2刺激薬の吸入薬で発作がおさまらない場合には,内服薬または貼付剤を併用してかまいません.

(注意!!)内服薬と貼付剤を併用してはいけません.併用すると心臓がドキドキして,血圧が上がることがあります.

ネブライザー購入のすすめ

喘息発作が起きた場合には,β2刺激薬の吸入が第1選択です.小児気管支喘息の80%は,3歳までに発症します.乳幼児ではネブライザーを用いないと,上手に吸入ができません.小児気管支喘息は思春期までに60-70%は軽快しますが,30-40%は治癒に至りません.小児期とくに乳幼児期の喘息のコントロールが良い=発作の回数が少ないほど,喘息が治癒する可能性が高くなります.

「火事はすぐに消せ!」と言いますが,喘息発作も同じです.自宅にネブライザーがあると発作をすぐに止められるので,本人はすごく楽です.とくに乳幼児の気管支喘息では,ネブライザーの購入をお勧めします.ご希望の方はご相談ください.医療器械店をご紹介します.インターネット等でも購入できます.

nebulizer

β2刺激薬への過度依存は危険!!

β2刺激薬は発作そのものを止める作用があります.しかし,気道過敏性を改善する作用はないので,喘息の長期予後を改善しません.使用頻度が高い場合には日頃の治療が不十分です.内服薬の種類や量,ステロイド吸入薬の量などの見直しが必要になります.

「β2刺激薬を使えば発作が止まるから,それでいいや〜」=(β2刺激薬への過度依存)という考えは
大変危険です!!十分ご注意ください!!