健康なこどもの体温

正常の体温は,わきの下で測定した場合,乳児では36.3-37.4℃,幼児では36.5-37.4℃,児童・生徒では36.5-37.3℃です.こどもでは37.5℃未満の熱は「発熱」ではありません.

体温は1日中同じ温度ではありません.朝は低めで,夕方は0.2-0.3℃高めです.健康なお子さんでも夕方になれば37.3-37.4℃まで上がりますが,生理的範囲内で心配は不要です.運動後や夕食後は体温が高くなります.

赤ちゃんは厚着や暖房などの影響で,実際よりも高めに測定されてしまうことがあります.おかしいなと思ったら,しばらくしてもう一度測り直して下さい.

平熱?熱がある?

平熱がどのくらいかを知っておきましょう.元気なときに1日4回(朝,昼,夕方,寝る前),食事前の安静な状態で体温を測定して下さい.平熱より1℃以上高ければ,熱があると考えてよいでしょう

熱の測り方

1.体温計の先端をわきの中心にあててください.わきの温度は中心ほど高く,周辺は低くなっています.
2.体温計を下から少し押し上げるようにしてあて,わきをしっかりしめてください.30-45度の角度が適当です.上や横から差し込むと,体温計の先端がわきの中心にあたりません.

*わきの汗をよく拭いて,下着に触れないようにして,測定してください.汗や下着の影響で熱の伝導率が変化してしまいます.

熱を記録する

「いつ」「何度あったか」は大切な情報です.熱型表に記録するか,時刻と体温をメモしておいて,次回受診時に教えてください.熱が一時的に高いからといって,心配する必要はありません.熱がいつから,どの程度,どのくらいの期間続いているのか,熱のほかにどのような症状があるのか,が大切です.