チックとは?

頭を振る,うなづく,額にしわをよせる,まばたきをする,顔をしかめる,口をまげる,鼻をフンフンならす,つばを飲み込む,肩や手足をぴくっと動かす,おもわず声を出すなど,いろいろなタイプのチックがあります.本人はわざとやっているわけではありません.

どんな子に多いか?

小学校低学年までの子に多いです.不安や心の重荷,緊張などがきっかけで起こる場合ががあります.神経質,感じやすい,傷つきやすい,など,性格に関係があることもあります.

治療

ほとんどの場合,一時的な「くせ」のようなものなので,特別な治療は必要ありません.薬物療法もありますが,著効することは少ないので,様子をみましょう.

チックのきっかけになるようなことはなかったでしょうか?
もし,思いあたることがあれば,解決してあげましょう.実際には明らかなきっかけがないことの方が多いので,その場合にはあまり考え込まない方がいいでしょう.

「ほら,また!」と注意したり,「やめなさい!」と叱ることは何の意味もありません.本人は意識してやっているわけではないので,注意をしても止めることはできません.
むしろ子どもがますます緊張して,チックが治りにくくなります.

ご両親はあせらず,何も言わず,暖かく見守ってください.症状が長引く,あるいは強くなるようなら,御相談ください.