耳垢(みみあか)のでき方

俗に言う「耳の穴」つまり「耳の入口と鼓膜の間」を「外耳道(がいじどう)」と呼びます.
外耳道には「軟骨部」と「骨部」があります.耳の入口側が「軟骨部」,鼓膜側が「骨部」です.「軟骨部」には耳垢腺や皮膚腺があり,分泌物を作ります.
「骨部」は骨の上に薄い皮膚がのっています.

「外耳道」では新しい皮膚が作られ,古くなった皮膚は鼓膜から耳の入口に向かって自然に移動します.
移動した皮膚は「軟骨部」と「骨部」の境界ではがれ落ちます.はがれ落ちた皮膚と「軟骨部」で作られた分泌物が混じり合って「耳垢(みみあか)」になります.
105-2

正しい耳の掃除

耳垢は耳の入口付近にだけたまります.入口付近の耳垢を綿棒でそっと取り除くだけで十分です.

間違った耳の掃除

1.耳の穴の奥の方の「骨部」は薄い皮膚で被われているだけです.大変傷つきやすいので,触らないようにしましょう.
傷がつくと「外耳道炎」になって痛くなります.
→「外耳道炎」になった場合には当院を受診してください.点耳薬を処方します.

2.耳垢は鼓膜から耳の入口へ向かって自然に排出されます.通常は耳の穴をふさぐほどたまることはありません.
耳の入口付近にある耳垢を無理に取ろうとして,綿棒で耳の穴の奥の方に押し込んでいませんか?押し込んでしまうと耳垢が奥の方で固まってしまって,栓になってしまい,耳の穴をふさいでしまうことがあります.これを「耳垢塞栓(じこうそくせん)」と呼びます.
→「耳垢塞栓」になった場合には当院を受診してください.耳垢鉗子で取り除きます.

耳垢豆知識

耳垢には,「乾型(かさかさタイプ)」と「湿型(褐色アメ状タイプ)」があります.日本人では「乾型」が85%ですが,欧米人では「湿型」が多数です.