私たちの鼻に,花粉やホコリなどが入りこんだ時に,これらの異物を身体の外に流し出そうとして鼻みずが出ます.
ウイルスや細菌などの病原菌が鼻粘膜に感染すると,膿の混じったドロッとした鼻みずになります.鼻みずはズルズルと吸ってはいけません.鼻をかんで外に出してください.
106-4
正しい鼻のかみ方を心がけることが大切です.間違った鼻のかみ方をしていると,鼻血が出たり,耳が痛くなったり,時には気管支炎や肺炎などになることがあります.
ムズムズ,ジュルジュル,鼻みずの症状はうっとうしいものです.正しい鼻のかみ方で,上手に鼻みずを出してあげましょう.

正しい鼻のかみ方=鼻にやさしい方法は

1.片方ずつかむ:
片方の鼻をきちんと押さえるようにします.

2.鼻をかむ前に口から息を吸う:
鼻みずを押し出すために,空気をたっぷり取り入れます.

3.ゆっくり小刻みにかむ:
あわてず,あせらず,少しずつ,確実にかむことが大切です.

4.強くかみすぎない:
かみにくいときも,一度に力を入れず,少しずつかむようにします.
106-2

「鼻のかみ方」レッスンのすすめ
鼻をかみ終わった後,手鏡を鼻のすぐ下に鼻の穴と水平になるように当て,鼻から息を「フンッ」と吹き出します.鼻みずが残っていれば,鏡に鼻みずがつきます.
上手にかめているほど,鏡が鼻息で曇る範囲が広くなります.

こんなかみ方はいけません=鼻のかみ方NG集

1.力まかせにかむ:
力まかせに鼻をかむと,鼻血が出たり,耳が痛くなったり,トラブルの原因になります.

2.両方の鼻を一度にかむ:
左右の鼻を一度にかむと,細菌やウイルスが鼻の奥のほうに追いこまれ,副鼻腔炎につながることがあります.

3.中途半端にかむ:
鼻を上手にかめないお子さんの場合には,残った鼻みずのなかで細菌が増え,気管支炎や肺炎につながることがあります.

4.鼻をほじくる:
鼻くそを無理にかき出そうとすると,粘膜を傷つけて鼻血が出たり,そこから細菌が入り込んで感染してしまうことがあります.

「鼻すすり」は禁物
鼻みずをすすると,細菌のついた鼻みずが鼻の奥に入ったり,耳にまで達して中耳炎をおこすことがあります.
鼻みずはすすらずに,きちんとかんで外に出しましょう.

かさかさ・ヒリヒリ かみ過ぎ後遺症

・鼻の下がかさかさになって皮がむけてしまった!
・鼻の下が荒れて,真っ赤になってしまった!
・鼻の下がヒリヒリ・ジクジク痛い!
106-3

かみ過ぎ後遺症を避けるために

1.鼻をかむ時は,できるだけやわらかいティッシュペーパーを使うようにしましょう.

2.鼻みずが鼻の下に残らないように,きちんとぬぐい取り,清潔を心がけましょう.

3.カサカサ・ヒリヒリが気になるからといって,鼻の下をなめたり,指でこすらないようにしましょう.

4.鼻のまわりの皮膚の潤いを保ちましょう.

5.鼻の入り口,鼻の下がただれた場合には外用剤を処方します.

かぜ?副鼻腔炎?それとも花粉症?

くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状は,「かぜ」「慢性副鼻腔炎」「花粉症」などが原因で起こります.原因に応じて治療方法が異なるので,きちんと見極めることが大切です.

かぜ

鼻の症状:くしゃみ,鼻みず,鼻づまり,においがわかりにくくなる
鼻みずの特徴:多量の鼻みず,水っぽいか少し粘り気がある鼻みず,透明~黄色
同時に現れる症状:発熱,頭痛,せき,全身がだるい,のどや耳の痛み

慢性副鼻腔炎

鼻の症状:日常的な鼻づまり,においがわかりにくくなる,ネバネバした鼻みず
鼻みずの特徴:粘り気がある鼻みず,黄色~緑色,悪臭がすることもある
同時に現れる症状:頭痛・頭重感,気管支炎を起こすことがある

花粉症

鼻の症状:くしゃみ,水っぽい鼻みず,鼻づまり,鼻のかゆみ
鼻みずの特徴:多量の水っぽい鼻みず
同時に現れる症状:眼,のど,皮膚のかゆみ,のどの奥がぜいぜいすることがある

*自己診断は禁物です.必ず医師の診断をうけましょう.