おむつかぶれの原因

「おむつかぶれ」は,尿や便に対する “接触皮膚炎”です.接触皮膚炎はIV型アレルギーの1つです.
おむつのなかの尿や便をそのままにしておくと,おむつかぶれになってしまいます.

20161029_01

おむつかぶれの予防

清潔と乾燥,つまり「まめにおむつを取り替える!」のが一番大切です.きれいに拭いて,いつも皮膚が乾いているようにしてあげましょう.紙おむつは吸水性に優れていますが,尿や便をそのままにしておくと皮膚との接触時間が長くなるので,おむつかぶれになります.尿や便が出たら,すぐにおむつを替えてあげましょう.

おむつかぶれの治療

  • 洗う:
    たっぷりのぬるま湯で,石鹸やガーゼを使って洗うのが一番いいです.
  • 拭く:
    1枚のウェットティッシュだけでは,いくらゴシゴシやってもきれいにならないことがあります.数枚使用してやさしく拭いて下さい.
  • 乾かす:
    よく乾かして下さい.おむつのむれで,細菌やカビなどが繁殖しやすくなります.
  • 塗る:
    処方された軟膏を塗って下さい.赤くなっているだけの場合,ただれている場合,血がにじみ出ている場合で,軟膏の種類が違ってきます.

注意1:肛門周囲びらん!!

お尻をきれいにしようと思って,ウェットティッシュでゴシゴシ拭くあまりに,肛門周囲の皮膚を痛めてしまい,「肛門周囲びらん」になる場合があります.ウェットティッシュは一見柔らかそうですが,強く拭くと赤ちゃんの薄い皮膚はすぐにべろっと剥げてしまいます.たっぷりのお湯,石鹸,柔らかいガーゼできれいにしてあげるのが一番いいです.「肛門周囲びらん」になった場合には皮膚の保護剤を処方します.

注意2:カンジダ皮膚炎!!

カンジダというカビでおこる皮膚炎で,おむつかぶれに似ています.カンジダ皮膚炎の治療には専用の軟膏が必要です.おむつかぶれの塗り薬では,カンジダ皮膚炎がかえって悪化する場合があります.漫然とおむつかぶれの薬を塗っていると,カビが生える場合があります.おむつかぶれの治療を始めたのに治らない時には,早目に御相談下さい.