乳幼児突然死症候群とは?

乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)とは,それまで順調に発育してきた健康な乳幼児が,何の予兆も病気もないままに突然に死亡してしまう疾患です.

現在,日本では年間に500-600人の乳幼児が亡くなっています.

乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因は単なる窒息ではありません.脳には呼吸(息をする)や循環(血を全身に運ぶ)を調節する場所があります.
乳幼児突然死症候群(SIDS)では,この機能が突然に停止してしまうと考えられていますが,詳細は未だ不明です.

乳幼児突然死症候群の危険因子

最近の疫学調査では,「うつ伏せ」は「仰向け」の3倍,「人工栄養」は「母乳栄養」の4.8倍,「父母の喫煙習慣有り」は「無し」の4.7倍,乳幼児突然死症候群(SIDS)が起こりやすいことが明らかになっています.
このほか,赤ちゃんの暖めすぎも危険因子のひとつです.

乳幼児突然死症候群の予防

  1. 赤ちゃんを寝かせる時は,「仰向け」にしましょう.また,硬めの布団を使いましょう.
  2. 母乳が出る場合には,なるべく母乳で育てましょう.スキンシップが何よりの予防策です.
  3. 妊娠中のお母さんや赤ちゃんの周囲では,たばこを吸わないようにしましょう.
  4. 赤ちゃんはなるべく薄着で育てましょう.お母さんより1枚薄着で十分です.