赤ちゃんは鼻が小さいので,ちょっとしたことで鼻がつまりやすく,いったん鼻づまりになるといつまでもグズグズして,なかなか治りません.鼻がつまると母乳やミルクが飲みにくい,機嫌がよくない,寝苦しい,などの症状が続いてしまいます.赤ちゃんの鼻づまりをすぱっと解決する方法はありませんが,以下の方法が有効です.お試しあれ!!

  1. 蒸しタオルで鼻を温める.
    蒸しタオルで鼻を温めると,鼻の周囲の血管が拡張して,鼻の通りがよくなります.ただし,窒息しないように気を付けて下さい.
  2. 鼻根部マッサージ
    鼻の付け根(大人だとメガネの当たる場所)を指で揉むと,鼻の周囲の血管が拡張して,鼻の通りがよくなります.ただし,眼球を強く押さないように気をつけて下さい.
  3. 漢方薬
    麻黄湯を服用すると鼻の通りがよくなります.少量のぬるま湯でねって,赤ちゃんの頬の内側に塗って下さい.ペロペロ舐めます.麻黄湯と少量の水を電子レンジでチンをして,冷ましてからスプーンで与えるか,麦茶や乳幼児イオン飲料,お砂糖に混ぜて飲ませてもよいでしょう.麻黄湯は当院で処方します.
  4. 鼻汁吸引器+重曹食塩水噴霧
    赤ちゃん用の鼻汁吸引器が市販されています.まめに吸ってあげて下さい.重曹食塩水を赤ちゃんの鼻腔(鼻のあな)に噴霧して,その後に鼻汁吸引器で吸ってあげると効果があがります.専用容器付の重曹食塩水を当院で処方します.
  5. 電動鼻汁吸引器
    当院では,電動鼻汁吸引器と赤ちゃん用の鼻チューブを常備しています.つまって苦しい場合には,ジュジュジュと吸引します.いつでも来院して下さい.
    *家庭用の電動鼻汁吸引器も市販されています.インターネット上で購入できます.
  6. 抗生物質
    膿性鼻汁の場合には,肺炎球菌,ブドウ球菌,モラキセラ菌などの細菌が悪さをしていることがあります.この場合には,抗菌薬を処方します.20161026_01